不動産

大塚建設が叶える夢のマイホーム|ホメられるHOMEにする

不動産で大切なこと

不動産では住宅業界が

家

不動産では、住宅業界が実は一番重要です。 アメリカなんかはそうなのですが不動産といえば、住宅なのです。日本でもそうなのですが、日本では土地のほうに価値があるのです。土地という不動産に最も重きを価値を置いているのです。しかし、とにかく不動産に価値があるのは確かなのですが、日本では資産的な価値はともかくとして、住宅が重要視されるのは確かです。 これは価値云々ではなく、一戸建て神話が強く残っているからです。不動産といえば、価値的にはどうみても土地なのですが、欲しがるものは上物なのです。ですから、住宅業界がとても日本経済には大事なのです。注意するべきは、資産価値でもあるのですが、やはり住む為の利便性なのです。

不動産に関する税金エトセトラ

不動産には土地建物に関わらず、いろいろな種類の税金がかかっています。 最も有名なものが、固定資産税です。これは毎年支払いが必要な税金で、分割で支払うことも可能です、固定資産税と同時に、都市計画税も支払わないければなりません。この税金に関してはあまりよく知られていません。住宅や住宅用の土地は、固定資産税が優遇されます。また不動産を取得する場合には、不動産取得税が必要になります。住宅などの場合はこの税金も優遇されます。また不動産を取得した場合に、名義変更する時に登録免許税が必要ですが、こちらも住宅の場合は優遇措置があります。 不動産を購入する場合、売買価格以外に、意外と沢山のの税金が必要なので、事前によく検討しておく必要があります。

Copyright © 2015 大塚建設が叶える夢のマイホーム|ホメられるHOMEにする All Rights Reserved.